目的と趣旨

目的

日本の有力ソフトウェアベンダーが結集し、ビジネス相互連携を行って海外展開および国内ビジネス基盤の強化を図ります。

趣旨

日本のIT業界は労働集約的業態に甘んじていたり、海外ソフトのローカライズ販売に従事しており、国際競争力がない状態が続いています。しかし、アプリケーション分野では、決して日本のソフトは海外に負けません。要求の厳しい日本のユーザーの中で熾烈な競争を勝ち抜いた商品は、十分世界で通用する品質と使い勝手を持っています。

鉄鋼や電器、自動車などの産業に続いて、IT業界も世界市場で成功できるはずです。これは、日本のソフトウェアベンダーに共通する夢です。これまでにもチャレンジ精神あふれる日本の有力ソフトウェアベンダーは、個別に海外進出を試みてきました。しかし、1社ずつ単独で活動している状態では、現在の劣勢をひっくり返す結果に至らず、撤退を余儀なくされた企業も多くあります。また、国内市場においても海外製品のブランド力に押されて苦戦を強いられています。

そこで、世界を目指す国産ソフトウェアベンダーが結集して、海外展開および国内競争力強化を図ることにしました。日本でトップクラスの製品/サービスを連携して最強のソリューションとしてまとめることにより、高まる顧客ニーズに国内外で柔軟に対応することができます。MIJSは、国産有力企業のビジネス連携により強いアピールができること、販路設立や販売活動などのコストをシェアできることにより「日本のソフトウェアは優秀」というナショナルブランドを確立していきます。